社会化の適期

Pocket

 社会化の重要性はお分かりいただけたと思います。

では社会化はいつすればいいのか。

いつやるか?今でしょ!
という予備校の先生(余談ですが僕はこの人のモノマネがけっこう上手いです  笑)
がいますが 犬の社会化も全く同じです。
今すぐにやってください。

すぐに、できるだけ早い段階ですることが望ましいです。
それは年齢を重ねるごとに物事に対する吸収率が
えげつないくらい落ちてくるからです。
最も吸収率が高いのは犬に警戒心が芽生える前、
生後3終齢~12週齢位までの期間です。
12週齢といえば生後3か月です。
極めて短いですね。
この時期に体験した刺激に対して犬は吸収し、
慣れていくんですね。
この時期を社会化期といいます。

社会化期を過ぎると吸収率はみるみる下がって行き、
子犬の頃とは比べ物にならないくらい落ちてしまいます。
この大事な社会化期に体験できなかった刺激はどうなるかというと
警戒・恐怖という感情を抱くようになります。

これは本能的なもので、
警戒するような学習をしたわけじゃなくても自然にそうなります。
よその犬を怖がる、人を怖がる、
いつもの散歩コースを外れると嫌がって一歩も歩かない
という反応は全て社会化期の社会化不足です。
大人になってから社会化するのも無理ではありませんが
子犬のうちに行えば同じことをしても全く成果が違ってきます。
同じ刺激に触れても吸収率が違いすぎるんですね。
今まさに3か月未満の子犬を飼っている方、
あるいは これから子犬を飼う予定の方。
今すぐに社会化を!!

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

Leave a Reply