誘導法 しつけに食べ物を使うべきか

Pocket


犬のしつけには方法が何種類もあります。

①人間が手を使って強制的にさせる方法や
②犬がたまたま行動するのを待つ方法などです。

タイトルに書いた通りどれが正解でどれが不正解ということはないです。
どれでも結果的には行動を教え込むことはできます。
しかし、僕が推奨するのは
誘導法というもので
”犬の興味を持つものを使って犬を集中させ、望ましい行動に誘導する”
という考え方です。誘導法でオスワリを解説しています

各方法によってどのように変わってくるか
分かりやすくオスワリで説明すると
①無理やり犬を押さえつけて座らせる。
人が手を放したところで犬が立ち上がろうとすればリードを使い(あるいは怒鳴って)呼び戻し、また押さえつけて座らせる。。。
②人は犬がたまたま座るのを待って集中して観察を続ける。
偶然座ったところでほめたりオヤツをあげるが効率が悪くて人間も疲れてしまう。。。

こんなんじゃ犬も人間も楽しくトレーニングできないですよね。

なので僕は③の誘導法を使って
犬も飼い主も楽しくトレーニングに向き合ってもらいたいと考えています。
そしてこの方法には必然的に犬の興味を引くもの(多くの場合、オヤツなどの食べ物)
が必要になるわけです。

「犬のしつけに食べ物を使うとそれがない時にいうことを聞かなくなる」
「食べ物目当てで動くなんて、いやしい」
などと言う人がいます。

誘導法というのはそのきっかけを作る方法なので最初はどうしても動いてもらう理由としてオヤツなどの食べ物が必要です。

ただ、トレーニングがステップアップしていけば食べ物ではなく
違う方法で犬に報酬を与えることができるようになります。

つまり
最初は食べ物で釣って動いてもらうのは当たり前。
オヤツが欲しいからこそワンちゃんは頑張って学習しようとするんです。
重要なのは、食べ物がなくても行動してもらえる段階に
レベルアップすることなんですね。

犬との信頼関係が強まり、さまざまなことを学ぶ過程で
食べ物で釣らなくても犬に行動してもらえるようになります。
その方法もいずれ解説していきたいと思います!

 

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

1 Comment

  1. 超簡単!フセの教えかた! | しつけインストラクターが教える!     犬のしつけ

    2017年3月9日 at 3:23 AM

    […] 以前、誘導法という記事を書きました。 犬に何かしらの動作を教えるときに食べもので犬の注意を引き 望む動作に自然に導くテクニックです。 […]

Leave a Reply