Pocket

ジブリ映画って内容はもちろんですが、音楽もものすごくいいですよね!
もののけ姫のラストシーンのいい曲。

もののけ姫を見ながら犬のしつけを語ってみた

もののけ姫という誰もが知っているジブリの名作長編アニメがあります。
僕はもちろんこの作品が好きなのですが、これを普通に語ってもしょうがないと思いまして
犬のしつけを考えるというちょっと変わった目線から語ってみたいと思います。

これ壮大で超いい曲です。30秒あたりから誰もが絶対に聞いたことあるフレーズになります。

ちなみにこの曲のタイトルであるアシタカ記の「記」(せっき)は
「草に埋もれながら人の耳から耳へと語り継がれていく物語」を意味する
宮崎駿監督の造語だそうです。

実は「アシタカ記」は宮崎駿監督が「もののけ姫」の正式タイトルに決めたそうですが、
鈴木プロデューサーが「もののけ姫」で押し通したというエピソードがあるそう。

 

おっと話がそれてしまいましたね。

生き物の話す言葉

これが今回の主題です。
生き物の言葉について。

このもののけ姫という作品には様々な動物が出てきます。
シカ、イノシシ、山犬、架空の動物もちらほら。

そしてその動物たちの多くは(物語の都合上)日本語を流暢に話します。
言語を使って他の個体ととても円滑にコミュニケーションを図っているんですね。

特にヒロインのサンの家族ということで山犬(狼みたいなもの)の親子が出てきます。
この山犬の親子はサンと日本語で会話をするのですが
このイメージは当たり前ですがフィクションです。

あなたの愛犬が
「私たちと同等の知性を備えている」と言う発想は実は大変危険です。

彼ら犬たちが
「道徳や倫理や善悪をわきまえていて、それらを使って物事の考え、

飼い主であるあなたに一生の忠誠を誓い、あなたのことを日々考えている。
そして喋ることこそできないが、犬は私たち人と同じ感性を持っている。」
という考えを持ってしまいがちです。

これはもののけ姫やジブリアニメだけに言えることではなく
ディズニーなどはもちろんあらゆるアニメに全く同じことが言えて
犬に対しての誤った認識が広がる原因となっています。

僕たちは幼少期から、様々なアニメや映画の物語で
このような動物の表現に当たり前に触れています。ですので
そう考えがちになるのは当たり前のことだと言えます。

最近はテレビの動物関連の番組も注意が必要です。
見ている分にはかわいいし楽しいのでいいのですが
ナレーターの方や声優の方が動物の声を吹き込んでいます。

つまり動物が高度な知性を持つと刷り込まれてしまっていませんか
と言うことを言いたいのです。

犬の言葉は結構単純

実際のところどうなのかと言うと
彼らの言葉は結構単純です。

犬は私たちとは全く違った考え方で世界を見ています。
そして驚くほど単純な基準で行動をしています。

決まった法則にのっとって(古典的条件付けとオペラント条件付け)で学習し
損か得かで行動しています。

そして犬の全ての行動は次に挙げるたった3つのうちのどれかに基づきます。
1.危険回避
2.食物獲得
3.繁殖行動

僕たちしつけのインストラクターや訓練士と呼ばれる人がなぜ犬を思い通りに動かすことが出来るのか。
その秘密はこれらのことを理解しているからです。
たったこれだけです。

犬は善悪で物事を判断しません。

結構簡単に誰でも、犬の考えていること思っていることを知ることが出来ます。
犬のしぐさを見ればはっきりと表れているからです。
「犬語」とでも言いましょうか。

犬語は例えば

こんな風に読み取ることが出来ます。

次ページ
『犬語』 解説

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!