Pocket

犬はなぜ吠えるのか

家のチャイムが鳴ると吠えてうるさい!
散歩中にほかの犬が来ると興奮して吠えまくる!
郵便屋さんが来ると吠える!
友人を家の中に入れると興奮して吠えて大変!
よくある話ですね。

本に書いてあった・あるいはテレビでやってた対処法を試してみたけど効果がない。
うちの子には通用しなかった。
これもよく聞きます。
なぜこのようなことが起こるかというと
吠えのタイプに合った対処法が出来ていない。
という可能性が非常に高いです。

吠えにタイプがあるの!?

そうなんです。
犬が吠える理由はさまざまありますが
大きく分けて6種類に分けることができます。
そして各タイプごとに最適な対処法というのが全く変わってきます。
吠える犬にはこうすればいいと聞いたからその通りやってみたが効果がなかった
ということが起こるのはこのためです。

「吠えのタイプ」を考えずに間違った対処をしてしまっているんですね。
あなたのワンちゃんの吠えがどのタイプに当てはまるのか よく考えてみてくださいね!
(これを読み誤ると後の対処が全く効果がない)

1. かまってちゃんタイプ
社交的な子に多いタイプで、誰でもいいのでかまってもらいたい犬です。
やや甲高い声で吠えます。
吠える間隔はやや空いていて、合間に誰かの気を引くことができているか確認します。
尻尾を振っていたり、その場でクルクル回ったり楽しそうにすることがあるのが特徴です。

2. 吠えるの大好きタイプ
ただ大騒ぎしているだけで何に対して吠えているわけでもありません。
興奮していてとにかく元気がありあまっていて吠えることそのものを楽しんでいます。
吠えたくてしょうがない、あるいは吠えることが癖になってしまっている犬です。
吠え声は甲高く、続けざまに吠えます。
尻尾を振りながら走り回ったりして楽しそうにみえます。

3. あっち行けタイプ
警戒心が強く、自分や家族、その縄張りを守ろうとする犬です。
低い声で吠えるのが特徴で、その前に唸り声を発します。
「ウ~~、ワンワンワン
」「ウ~~ワワワワン
という感じですね。

4. 寂しがりタイプ
飼い主と離れ離れになった寂しさで吠えます。
飼い主に対する依存が強い子が留守番で一人ぼっちにされたときに出やすいです。
甲高い声で長く吠えます。
同時に不安を示すしぐさも見られます。
「クウ~ン」「アオ~~ン」というような感じです。

  5. 暇すぎタイプ
退屈吠えともいい、何もすることがない犬が気晴らしに吠えます。
独り言のような感じでしょうか。
高くも低くもない中くらいの高さで、単発でなく繰り返し遠吠えのように吠えます。
このタイプは暇を持て余しているので
何かをひっかいたりかじったりするしぐさが見られることが多いです。
吠える対象はありません。
暇だから吠えています。

6. 怖がりタイプ
臆病な犬で、怖いと感じたものに対して吠えます。
このタイプの吠え方は甲高く、鋭く吠えます。
物陰に隠れようとするしぐさを伴って伏せることが多いです。
恐怖の対象がどこかへ行ったか定期的に確認し、
安全が確認されなければすぐに物陰に隠れてしまいます。

 

 

いかがでしょう!?
自分の家のワンちゃんはどのタイプに分類されるでしょうか??
次回からはそれぞれのタイプ別の対処法を解説していきます。

 

ちなみに郵便屋さんに吠える犬について困っていれば
必ず聞いてください。

僕が喋ってます。

 

今すぐにどうにかしたい!

それと、
今すぐに・お手軽に効果を実感したいという方は こういうグッズの利用を勧めます。
↓↓↓

アボアストップという無駄吠え防止首輪のプチ版です。
飼い主が何もしなくても首輪が自動でしつけてくれるという、
なんとも21世紀な首輪です(笑)

お手軽さで言えばこれが最高です。

本当は犬との信頼関係を構築し、
だんだん優良犬にしていってほしいのですが
自分の手を煩わせずにお手軽にしつけたいとか
今すぐにしつけたいとか
そんな方には力になると思います。  

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!