問題行動の予防 子犬時に本当に大切なこと

Pocket

こんにちは。リョウです!

行動の問題が起きてから対処するよりも
予防する方が遥かに簡単だ。
これは犬のしつけでは常識であり、
僕自身も子犬を飼い始める方にはとことん
伝えるように努力してきました。

犬の行動問題の多くは犬の性格が原因になっているものも多いんです。
吠えの問題は警戒心が強いからだし
散歩で歩かないのは臆病だからです。

これらの問題は幼少期の経験が関係していて
適切な学習の体験が不足した結果起きています。
子犬の頃はなるべくたくさんの経験をさせるべきです。
家の中だけで大事に飼っていてはいけません。

オテやオスワリなどの芸を仕込んでいる場合ではありません。
すぐにたくさん散歩に連れ出してあげるんです。
いろんな経験をした犬はどんな刺激に対しても慣れっこになります。
変に神経質になることを防ぐことができるんですね。

子犬の頃は たくさんの場所に連れて行き たくさんの人と会わせ
たくさんの犬と遊ばせ たくさんの経験をさせる
もし犬を飼い始めたばかり あるいはこれから飼う予定の方は
この原則を忘れないでほしいと思います。

読んでくれた証拠に
ポチッとクリックしてくれると喜びます(^^♪
↓ ↓ ↓
ドッグトレーナー・訓練士ランキング

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

Leave a Reply