ミネラルウォーターは買うな!?

Pocket

あなたは犬に水を飲ませるときにどんな水を与えているでしょうか。

犬も動物である以上水を必ず毎日飲みます。
そして体のほとんどが水で構成されている。
人にとってそうであるように犬にとっても水はなくてはならないものです。
犬に与える水について、
水道水は健康上大丈夫なのかといった 心配をする人がいます。
そののためか、
犬の飲み水としてミネラルウォーターを与えている人が増えているようです。
僕がペットショップで働いていた時も
犬を預ける時にミネラルウォーターを持参してくる方が結構いました。
そんなミネラルウオーター、
犬にとってはあまりよくないという話を聞いたことがある方も
少なくないのではないでしょうか。
普段何気なく飲んでいるその水が、
犬の体に負担をかけているとしたら。
さあ、犬に与える水のこと、
考えていきたいと思います!  

ミネラルウォーターは与えていい?

じつはミネラルウォーター全てがダメなわけじゃないんです。
ちょっとややこしいんですが、
一部のミネラルウォーターがダメだよという人がいるわけなんですね。
ではどんなものが良くてどんなものがダメなのか。
ミネラルウオーターに限らずですが、
水には硬水と軟水という分け方があります。
このうち犬に与えてはいけないのは硬水のものです。
逆に軟水のものは与えても問題ありません。
ではこの両者はどのような違いがあるんでしょうか。

硬水と軟水

硬水と軟水の違いは「硬度」です。
硬度というのは水に対するカルシウムやマグネシウムの含有量で決まります。

それらの含有量が多い物を硬水
逆に少ないものを軟水と言います。

多いと硬い、少ないと軟らかいと言うんですね。
数値で言うと 水1Lに対してカルシウムとマグネシウムの量が100mg/Lあるか
がおおよその基準になるようです。
犬に硬水を飲ませてはいけないということは、
つまり カルシウムやマグネシウムを過剰摂取させない ようにしようということですね。
犬に硬水を飲ませるのがダメとは言っても、
飲ませてもすぐにどうこうなってしまうものではないです。
ただ、硬度が高い水を継続して与え続けるとこれらのミネラルの過剰摂取となり、
成分が犬の体内に蓄積します。
それが尿路結石の原因になるとされているんです。
硬度の高いミネラルウオーターは犬に与えないようにしようということですね。

ちなみに人間も、
あまり硬度の高い水を飲むと お腹がゆるくなる人がいるそうですよ。  

硬水はダメ。でもどのくらい危険なの?

硬水を飲み続けるとミネラル過剰になるのは分かった。
でもそれでどれくらい危険なのか?
ちょっと調べてみてホッとしたんですが あまり神経質になる必要はなさそうです。
少なくともミネラルウォーターを飲ませたからといって
すぐに何らかの変化が出ることは無いよう。
硬水を飲み続けることと結石が作られることに
医学的な根拠はないとする人もいるくらい。
でもミネラルが過剰に含まれているのは事実なので
飲まない方がいいという意見が大半のようです。
まあ、白か黒か分からないものからは 一応距離を置いておこうという事でしょうか。

じゃあ水道水は?

水道水は一定時間をおいても衛生が保たれるように塩素が含まれています。
その塩素を心配される方がいるかもしれませんが、
日本の基準は厳しいんです。
塩素の量は安全面では問題ないレベルで、
管理も行き届いていますので
人はもちろん犬に与えても全く問題ありません。
日本の水道水は先進国でトップレベルの安全性とおいしさと言われていますし
硬度についても軟水です。
ミネラルの過剰摂取になることもないですね。
また、生まれたときから水道水だけで育った犬が短命だとか
病気になったとか言う話は無いようですし 僕も聞いたことがありません。
しかも塩素が含まれる水は傷みにくいので
犬のために置きっぱなしにする水としては最適なんじゃないかとも思います。
これらのことから犬に飲ませるなら水道水がいいようです。  

ミネラルウオーターを与える場合

前述したとおり、
ミネラルウォーターを犬に飲ませても ほとんど問題はないようです。
しかし気になる場合はお店で売られている水のパッケージを見て
硬度をチェックしてみるといいと思います。
「犬用」とか「ペット用」との表記があれば大丈夫ですが
それらの表示が無ければ成分表示を見ます。
1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量が100mg/L以下となっていれば
まず何の心配もないでしょう。
今まで犬にミネラルウォーターを与えていた人、
あるいはこれからそのような機会がある方は ちょっと気にしてみてください。

おわりに

これらのことはあなたが自分で飲む場合にも参考になりますので
「あぁ~、ミネラル摂取してーなぁ」
と思ったら 硬水を買ってみてもいいと思います。
今まで何気なく与えていた水も、
こういうことを知っていると見方が変わりますよね。
僕は思うんですがこのミネラルウォーターをは犬に良くないという話は
世間が言うほどの危険性はないと思います。
ペット用のミネラルウオーターを販売したい業者が流した 煽り戦略の可能性がありますね。

「あっちのミネラルウォーターは犬にとって危険だよ!
  こっちの水は安心だよ!さあ買った買った!」的な。

まあ水は原価がただ同然なので
それをペットボトルに入れて販売すれば儲かるのは当たり前なわけです。
その戦略が当たれば大儲けできるわけですからね。
同じような話で 「シリコン入りのシャンプーは危ない」という話もあるようです。
シャンプーにシリコンというものが入っていると
毛髪や頭皮を痛める原因となるので危険ですよって話。
これも世間で言われるほどの危険性はないらしいですね。
シリコン入りのシャンプーをおとしめることによって
ノンシリコンシャンプーを売りたい業者が 多少の誇張を交えて流した話ってことです。

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

Leave a Reply