なぜ犬の咬みつき事故はなくならないのか

Pocket

 

まずはこれを読んでください。

10カ月の女児、飼い犬に咬まれ死亡
ゴールデンレトリバーが咬みつき事故を起こしたと報道されました。
女の子が亡くなられたとのことで本当に悲しいことだと思います(´;ω;`)

飼い主は
・おとなしくていい子だったのに。

世間からは
・咬むなんてとんでもない犬だ。
・しつけが悪い。
・服従訓練が足りない。
・殺処分しろ。

さまざまな声が上がっているようです。

今回のような事故は定期的に起こっています。
人が亡くなることこそ稀なのであまりニュースにはならないだけ。
僕自身も子供の頃に犬に咬まれたことがありますし
ペット業界に入ってからは数えきれないほど咬みつかれてきました。

それこそゴールデンレトリバーに咬まれて右手が血まみれになったこともあります。
(あ!もちろん犬が嫌いにはならないですよ!大好きです!)
この業界にいて犬に咬まれたことのない人を僕は知りません。

プライベートでも親戚の4歳の男の子が 犬に咬まれた現場に居合わせたことがあります。
その子は頭から流血して泣きじゃくりながら救急車で運ばれて行きました。
幸いその子は大事には至りませんでしたが、
一つ間違っていたら今回の報道のようになっていたかもしれません。

ではここで一つの疑問が湧きます。

これらの事例の咬みついた犬たちは異常な犬なんでしょうか?

情報が少なすぎるので僕は今回の事故について意見する立場にはありません。
代わりにこの観点から なぜ犬の咬みつき事故はなくならないのか考えました。


いい犬、悪い犬という幻想


一般には犬を、
絶対に咬まない「いい犬」と
そうでない「悪い犬」の2つに明確に分けることができると思われています。
このように考えたくなるのは確かに分かります。
しかし残念ながらこれは幻想なんですね。

全ての犬が咬みつく可能性を持っています。

咬みつく犬たちは全く異常ではありません。
いたって正常な行動です。
どんな優秀な訓練士でも絶対に咬みつかない犬を作るのは不可能です。
なぜなら 犬にとって
咬みつくというのはごく普通で自然な行動だからです。

犬は自分の意思を表明する手段が人とは全く違います。
何かの問題に直面した時に 話し合いで解決をしません。
街頭に立ってデモを行うこともしません。
選挙に立候補をしなければ投票もしません。
その代わりに犬は 吠え、威嚇し、咬みつきます。
犬にとってはこれらが ごく一般的な問題解決の手段なんです。


なぜ咬みつき事故はなくならないのか


・この子は咬みつかないと決めつけること。
・犬の咬みつき抑制の服従訓練をすること。
・それ以前にうなることを叱って抑制すること。
・咬みついた犬に狂犬の烙印を押し、殺処分して問題犬の遺伝子を絶つこと。

こういったことが咬みつき事故を減らすために
大事だということを言っている人がいました。
これらは全て見当違いです。

服従訓練? 笑っちゃいます。
服従した犬が咬みつき行動に出ない保証なんてありません。
むしろ強制的に服従させた犬の方が怖いです。

そして一番怖いのが唸るのを罰された経験を持つ犬。
唸ることの延長で咬みつくというイメージがあるからか
犬が唸ることを罰する人がいます。

気持ちは良く分かるんですが、あれは本当に危険です。
唸ることは警告の意味があります。

あまりよくない状況だよ。
このままだと僕はあなたを咬む事になるかもしれない。

そうなる前にお願いだからやめて。

犬は必死に最悪の状況を回避する努力をしています。
唸ることを罰によって抑制された経験をもつ犬は
警告を発さずに咬みついてくるでしょう。

犬からすれば唸ることを抑制されても 自分の中に沸き起こる感情は抑制しようがありません。
良い子で振舞うことを強制された末に感情を抑圧し続け

どこかで爆発してしまう。
人間でも全く同じことがニュースになることがあります。
こんなことで事故を防げると思っているから
咬みつき事故はなくならないんです。

本当にやらないといけないのは
犬が何を怖がったり嫌がっているのかを正しく知り
その心の声を聞く努力をすることです。
僕は声を大にして言いたいです。

犬がどういう感情を感じているのか。
何を嫌がり、何に喜ぶのか。
それを人が押し付けてはいないか。  
それが理解できなければ咬みつき事故はなくならない。

「いつものいい子が急に豹変した。怒らせるようなことはしていないのに。
 なんで。どうして。。。」

ということはいつまでも繰り返されます。

・犬が尻尾を振るのはうれしいからだ。
・犬は撫でられると喜ぶ。

こういう
誰が刷り込んだかわからない洗脳からも
一人でも多くの方が抜け出してほしいと思います。

お客さんの犬もいい子ばかりじゃないので僕も何回も咬まれていますが(^-^;)
それで犬を嫌いにはならないと言いました。
なぜ犬が咬みついてくるのかハッキリと分かるからですね。
現在みんなが犬の言葉がわかるようになるもの 「犬語」をまとめたものを作っています。
ぜひあなたにもにも目を通していただきたいです。あなたのワンちゃんが今何も問題を抱えていなかったとしても
彼らとのコミュニケーションをとる上で絶対に役に立つはずです!

2017.9月追記
犬語を解説したPDFファイル『犬語辞典 ‐あなたと犬が分かり合うために‐』完成しました!

こちらはほんの一部の紹介

あなたが犬の言葉・気持ちを理解する手助けになる犬語の解説。
しつけインストラクター学科卒の僕が心を込めて作りました。
犬のしつけの分野における第一人者の著した専門書の内容を
参考にしていますので僕の独断と偏見ではありませんのでご安心ください(笑)


こちらの
レポートプレゼント・メルマガ登録ページ
からメールアドレスを登録していただくと

メールに返信する形ですぐにお受け取りいただけます。

レポートの内容を補完し、さらにしつけやお役立ち情報を配信する
しつけメルマガが届きますが

要らなければいつでもメルマガ配信は停止できます。


ブログランキング参加中
おかげさまで部門3位!
読んだ証拠に応援クリックしてもらえると喜びます(^^♪
↓↓↓

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

Leave a Reply