まず全力で自分を幸せにしろ

Pocket

05/10/2017 こんにちは。リョウです。
今回はコラム的な記事です。

優秀な人ほど疲弊する

公務員の友人がこんなことを言っていた

「就職してすぐの時に、同年代の職員との会話で
なんで公務員になったの? という話になったんだ。

するとみんな口を揃えて
安定、安定、安定だよと。
おいおいお前ら、地域に貢献したいとか
そういう発想はないのかと
あきれたよ。

俺は地域貢献。
地域のみなさんのために頑張るよ。」

確かに端から見れば
「ちょっと!公務員なんだからしっかり僕らの方を見てくれよ!」
と言いたくはなる。
そして僕の友人の言葉は100点満点の回答である。
彼の親や親戚は、さぞかし彼のことを誇りに思うだろう。

さらに彼の言葉がでまかせでないことも僕は知っている。
彼は元から優秀だったこともあり 職場の大部分の仕事を任されていた。
それを日々こなしていることは事実だ。

しかし僕は思った。
マズローの欲求5段階説によるならば
人間は
“自分を幸せにしてからでないと、 他者を幸せにすることは出来ない。”
その階段を順番通りに1段ずつ登ることでしか 真の幸せはつかめない。

僕はお節介ながら彼にマズロー欲求5段階説の話をした。
彼が普段から無理をして、ひどく疲弊しているように 見受けられたからだ。

すると彼は興味深く聞いてくれて、 何か思うところがあったようだった。

「確かに普通に考えればそうだよな。
自分が幸せじゃないのに 地域貢献なんてムリがあったんだ。
自分が倒れたら他者への貢献もできなくなる。 ちょっと自分の人生を見直してみるよ。」
なにかを悟り 安心したような彼の表情を見て僕も少し安心した。  

正直に生きるべき

僕は他者への貢献をするなと言ってるんじゃない。
“自分が幸せでないなら無理をしてまで他者へ貢献なんか考えるな”
ということだ。

ホームレスの人は社会貢献なんて考えない。
それは自分のことで手一杯だからだ。
そしてそれを誰かが責めることもない。

人間は自分の欲望に素直になるべきだ。  

食べたい。ゲームがしたい。遊びたい。 車がほしい。
こんなところに住みたい。 恋人が欲しい。結婚したい。。。

これらの欲望を我慢するのではなく、全て“満たす”
そしてどんどん自分を幸せにする

ゲームは1日30分までなどと
アホなことばっかり言っている親もいる。
(僕の親もそうだった。厳密には15分。なんもできねぇ。ピクミンの1ステージで終わり。)
そんなことでは子供は欲求を満たせないので”飽きる”という段階に進めない。
次にいけない。

ゲームを好きなだけ思いっっっきりやらせてやる。
そうすれば自然と飽きる。

そうなった時に初めて 人間は高次の欲求が湧いてくる。

車でも恋人でも同じ。
「こんな車に乗りたい!」
「かわいい子と付き合いたい!」
と思ったら満たしていく。
そして自分を幸せにする。

そうすると 自分を幸せにしたい欲求が薄らいでくる。
だって自分はもう幸せなんだから。
その頃には“自然に”他者に意識が移ってくる。
この恋人を幸せにしたい、と。

そしてそれもあらゆる手段を使って満たしていく。
恋人を幸せにする。
するとまた欲求を満たしたので 次のより高次の欲求が
また自然と湧いてくる。

これをどんどんどんどん繰り返すと
欲求はマズローというオッサンが提唱した 5つの階段を登り、

最後には

「社会への貢献」

という最も難しく
最も高次の欲求が 自然と湧き出てくる。
というか、それしか残らなくなる。

それを待たずに
親や教師、塾の講師などが こうなれ、ああなれ、
などと言うべきじゃない。

10代で
「自分の夢は社会福祉士で、地域の方々の力になりたい」
とかどう見ても不自然。
誰かに洗脳されてる そして本人は潰れる。

人は自分を幸せにすりゃいいと僕は思う。
モテたい。金が欲しい。安定したい。
それが行動原理で何が悪い。 自然だし、普通だよ。
むしろそれを満たさないと他者への貢献も絶対に出来ない。

そして幸せを手にした人は誰に強制されるわけでもなく
社会貢献を始める。
人間というのはそう出来ている。

それでいいじゃないか。
それを待てばいいじゃないか。
一歩ずつ登らせればいいじゃないか。
僕はそう思う。

最後に友人はこんなことを言った。
「親や教育者、管理職に一番知って欲しい概念だね」

確かにそうかもしれない。

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

Leave a Reply