Pocket


犬たちは互いに会話をしているでしょうか?

一見、していないように見えます。
犬は喋らないからです。

しかし実はそんなことはありません。
犬たちは互いに驚くほどたくさんの情報交換をしています。
自分の感情を上手に相手に伝えて、コミュニケーションを図り、
争いを避け、問題を解決しています。
いったいどうやって!?と思うでしょう。

犬が使う犬語は声ではありません。

彼らが互いに行うコミュニケーションは、

それぞれのほんの些細な“しぐさ”で表されます。

犬は言葉を発せない代わりに
全身を使って自分の気持ちを表し、
他の個体と驚くほどスムーズに意思疎通しています。

その行動一つ一つにはハッキリとした意味があり
それぞれのしぐさが本当に言語のようにやり取りされます。
それを受け取った個体も確実に理解していて
その後の行動を変化させているのは明らかです。
(本当に不思議ですね。犬は学校に通ってそれらを習ったことはないはずなのに)

僕はこの“彼らなりに意味を込めたしぐさ” を「犬語」と呼んでいます。

そして面白いのはこの「犬語」は犬同士だけではなく他の生物種全て、つまり
我々人間に対しても全く同じように向けられていることです。

彼らはとっても雄弁に語りかけてくれています。
それが伝わっていると信じて疑っていないでしょう。

考えてみれば人間も自分の使う言語が犬に伝わると信じて疑いません。
日本人なら日本語で、アメリカ人は英語で、毎日のように愛犬に語り掛けます。
そして犬たちは、我々の言語(音)を理解する努力を本当に懸命にしてくれています。
家族の名前、「サンポ」「ゴハン」などの行動に関連するもの、「オテ」「オスワリ」などの号令・・・。
犬たちは慣れないであろう耳を使ったコミュニケーションを
必死でマスターしようとしています。


犬が見ている世界

これをあなた自身に置き換えてみてください。
全く分からない言語を使う環境に自分の身が置かれたら。
英語は何となく分かる単語があるでしょうからダメですよ。
タガログ語とかスワヒリ語、火星人が使う火星語(笑)あたりで想像してみてください。
どうですか?全く意思疎通できる気がしませんよね。
犬にとっての日本語もこれと全く同じです。

これが犬たちが日々生きている世界です。
彼らは本当に頑張っています。僕は本当に頭が下がる思いです。
と同時に一つの疑問も湧いてきます。

犬には日本語を学ばせるくせに、我々は彼らの言語を学ばなくていいのか?

いいわけありません。

犬が懸命に発する「犬語」を理解していないばかりに起こる
咬みつき事故は後を絶ちません。

その結果多くの犬が狂犬の烙印を押された末、最悪は殺処分されています。
僕は断言しますが彼らは咬みつく直前まで
間違いなく警告を発しています。それも一回や二回ではなく。

「やめて。僕、それが嫌なんだ。怖いんだ。お願いだからあっちへ行って。
 でないと僕は君を咬まなきゃいけなくなる。やめて。
 手を近づけないで!僕に触れないで!助けて!!」

日本語で言えば伝わったでしょう。
しかし、彼らが叫んでいたのは「犬語」だったのです。

「犬語」はしぐさです。
ですからそれを理解するのに耳は使いません。
必要なのは目です。

犬のしぐさの意味を理解し、実際に犬の言葉を学べばあなたの世界が変わります。
このレポートを学べばあなたは愛犬の気持ちが手に取るように分かるようになります。
ぜひ何回も読み、マスターしていってほしいと思います。

外国の方が日本語で話しかけてくれたらうれしいですよね。
自分たちと会話するために頑張って習得してくれたのがわかるからです。
「犬語」も全く同じです。

犬の言葉・気持ちを明確に知る方法はあります。
「犬語」を知ることです。

ここで解説する犬語があなたとあなたの愛犬の絆を深め、
より良い関係づくりに貢献出来たらうれしく思います。

 

 

犬語の続きはこのメルマガ内でお渡ししています。

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!