Pocket

 お手軽に解決したい方はこちら。
(これでだめなら諦めてください)
あの嫌な犬の引っ張りから解放される方法

お散歩の引っ張り改善

これは多いです。
散歩の時にリードを引っ張る犬。
小型犬ならまだしも、
ある程度の大きさの犬になると力も強いですし
引っ張られると疲れ果ててしまいます。
どっちが散歩させられているのか分からないような光景も 珍しくないです(笑)

それでいいじゃないかという声もありますが
いつでも犬をコントロールできるようにすることは
彼らの安全を守るためにも重要です。
トラックが近づいてきているというのに
あなたが犬をコントロール出来なければどうなりますか?

そんなことにならないようにワンちゃんには行儀よく歩くことを
教えてあげる必要があります。

引っ張りの抑制は実はとても簡単なので
今回はこれを解説していきたいと思います。  

まず大前提として
散歩で進む方向や速度は人間が決める。
という原則があります。

つまり犬に引っ張られている間は
進む方向や速度が犬に決められてしまっていることになります。

犬がなぜ引っ張るかというと
答えは簡単です。
「人間がついて行くから」です。
単純なようですがものすごく重要です。
犬がなぜ散歩で人を引っ張るのかというと

散歩が楽しいからでも、
気になる異性の犬に会えるからでも
虫を追い掛け回すためでも、
テンションが上がっているからでもありません。
引っ張れば人間がついて来ると学習したからなんです。

その証拠に引っ張り癖のある犬を電柱に繋いでみてください。
2,3回グイグイするかもしれませんがすぐに電柱を引っ張らなくなります。
どんなに長くても20分も30分も電柱をグイグイ引っ張り続ける犬はいません。
たとえ散歩が楽しくてもメスが目の前にいても
虫がいてもテンションがMAXだったとしてもです。

犬は電柱を引っ張らないのです。

これはなぜかというと
いくら引っ張っても電柱は犬について行かないからです。
犬はとても賢い生き物で、無駄なことは絶対にしません。
数回引っ張ってみて電柱がびくともしなければ
それを引っ張ることは無駄なことなのでもうしません。

これを利用している例を私たちは普段目にしています。
スーパーなどの入り口で犬を繋ぐポールがあるのを見たことがないでしょうか。
飼い主が買い物をする間に犬を店の前で待たせるものです。
これに繋がれた犬はポールを引っ張っていないでしょう?
おとなしくしていますよね。

2,3回引っ張ってみてびくともしなかったので無駄な努力はやめて
おとなしく飼い主を待つことにしたのです。
我々もこれを利用します。

では解説します!

1. ポケットにオヤツを数個入れ、犬にリードをつけて外に出ます。
歩き出して犬が引っ張ってリードがピンと張った状態になったら
あなたは電柱になります。一歩も動かないのです。
リードを両手でしっかりと持ち、
おなかにつけてしっかり固定し
いくら引っ張られてもついて行ってはいけません。
犬に声をかけることも控え、ただじっとしてください。
犬は
なんだよ!意地悪しないでご主人!早く行こうよ!
と思うでしょうが構いません。

2. しばらく引っ張っているとそのうち疲れて
(あるいは何かに気がそれて)
犬が力を抜く瞬間がやってきます。
リードが緩むのです。
その瞬間に「いいこ」と言って犬にオヤツをあげます。
(このオヤツはマテをさせないでください。
引っ張りをやめた報酬として無条件に与える必要があります)
犬がおやつを食べ終えたら散歩を再開します。

3. またすぐに引っ張ってくるはずです。
あとは全く同じことを何度も繰り返すだけです。
犬はこのゲームのルールを覚えようとしてくれるはずです。
※犬がなかなか引っ張る力を弱めない場合は名前を呼んで気を引いたり
リードを細かく揺らして注意を引くこともできます。
しかしなるべく犬が自分からリードを緩めるように教えます。

最初は散歩を再開するたびに引っ張るので
そのたびに立ち止まらねばならず全く散歩になりません。
でもそれでいいのです。
今は散歩の時間ではなく引っ張ってはいけないことを
ワンちゃんに教える時間です。

リードが張っている間はご主人が電柱になって散歩にならない!!
と思わせることで自然と引っ張らなくなるのです。

まとめると

リードが張った状態では立ち止まる!
リードが緩んだら褒めてあげて散歩再開!

これだけです とても簡単でしょう!? ぜひ試してみてください!

お手軽に引っ張りを改善したい人はこちらをご覧ください
あの嫌な犬の引っ張りから解放される方法

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!