Pocket

ビターアップルの使い方 イタズラ噛み対策!

愛犬のイタズラ噛みに困っていませんか!?
手を噛むズボンの裾を噛む家具を噛むスリッパを噛む・・・ 

犬のイタズラ噛みに困っているそこのあなた。

犬のしつけインストラクター科卒の僕が
おススメの簡単しつけグッズを紹介します。
僕のことを知りたい方はこちら
リョウのプロフィール

ビターアップルとは?

「ビターアップル」というスプレータイプの商品です!
これ実は吹き付けるだけで誰でも簡単にイタズラ噛みをしつけられちゃう
というとってもお手軽しつけグッズなんです!!

物に苦みを与えてイタズラ噛みをやめさせるものです。
噛まれて困るところや物にに吹き付けて使います。
名前の通りリンゴの皮の苦み成分を利用した商品なので
口に入ってもな~んの問題もありません。
超安全です。

実はこのビターアップル、
たまに使ってみたという人がいますがその中で
正しく使用していない人が非常に多い!!

Amazonのレビューなんか見てるとはっきりわかりますね。
「効果がない」と言ってる人は 使用方法を明らかに間違っています。
重要なポイントが踏まえられていないばかりに
効果がないだのと言われることもありまして
僕としては日ごろからとてももったいないと思っていました。

そこでこの素晴らしいプロも使うイタズラ噛み防止グッズを
正しい使用方法と共に広めることで、
しつけに悩むたくさんの家族の助けになればと思っていました。
今回はこのビターアップルの正しい使い方と注意点に関して
丁寧に書いていきます。

 


 
家具にも。

 

ビターアップルの使い方

1. 噛むのをやめさせたいと思うものに犬が見ていないところで
   ビターアップルを吹き付けます。

2. 犬がその物を噛みます。

3. 「苦いーーっっっ!!」となって噛むのをやめます。

4. これを根気強く繰り返すことでそのものを噛む頻度が減ります。

5.完全に噛まなくなる状態になるまで毎日繰り返します。

使い方はこれだけ!
これだけで誰でも簡単にイタズラ噛みをしつけることができます!
簡単でしょ!?

ただし!!
正しい使い方をしないと効果がないばかりか

犬に意図しない学習が入ってしまうことがあります。

 


リョウが教える大事なポイントはこちら。


以下は例としてスリッパを噛む場合。
何を噛む場合も同じです。

・犬がイタズラ噛みをする前に使用する

犬がスリッパを噛みを始めてから
“ああ、そうだった。しつけスプレー買ったんだった” 
とか言ってスリッパを取り上げて使用するのは残念ながらNGです。

犬がイタズラ咬みを始める前に予め吹き付けておく必要があります。
犬が何の気なしにスリッパを噛んだ瞬間に
“おえ!ニゲぇ!”となるように!

ビターアップルを吹き付ける前に犬がスリッパを噛み始めてしまったら
騒がずにスリッパを返してもらい
(言っても返さない場合は食べ物と交換。ただし淡々と)
家族に犬を散歩に連れて行ってもらいます。
その間にスリッパを含む犬がイタズラ噛みする可能性のあるすべてのものに
ビターアップルを吹き付けます。

・ビチョビチョになるほど吹き付ける

(ビチャビチャ?ビショビショ?よくわかりませんが続けます笑)
よく、使用したけど効果がないという方がいて
話を聞くと 1~2プッシュくらいしか吹き付けてない
なんてことがよくあります。
それでは最大の効果が発揮できません。
使用する時は惜しげもなく使い、
対象のものがビチョビチョになるほど吹き付けてください。

・犬にビターアップルを使用している瞬間を見せない。

犬も馬鹿ではないです。
目の前で使用すれば“なにそれ!?”となって
スプレーを使用することと
オモチャが苦くなることの関連性を見抜き、
それをどう回避しようとするか考えます。
犬にビターアップルというグッズの使用を気づかれてはなりません。
(ビターアップルを吹き付けるためにオモチャを取り上げることが
引っ張りっこ遊びになることも避けなければいけません)

犬がいない時(犬が寝ている間か、家族に散歩に連れて行ってもらうのがベスト。隣の部屋に行っていてもらってもいいがわざとらしくならないように)に犬が咬む可能性のあるものすべて聞吹き付けておくようにします。

・スプレーをしたからといって特別に意識しない

しつけスプレーを買って使用してみたら犬の行動に興味が湧くでしょう。
分かります。当然です。
しかしそこは頑張ってガマンしてください。
ビターアップルを染み込ませたスリッパを わざと犬に与えて反応を見ようとしたり、
スリッパを噛もうとする犬の姿を家族全員で注視することは
やめてください。

「苦いでしょ?タロウ。どう?ほらほら。」みたいな行動はNGです。

ビターアップルを使っている目的を忘れないようにしてください。
イタズラ噛みをする犬に逆にドッキリのイタズラを仕掛けているのではありません。
私たちは犬のイタズラを叱ることなくやめさせ、行儀が良くなった犬を褒めてあげたいのです。

犬がいつも通りに生活して、
いつもと違うのは スリッパが苦いこと“だけ”という状態を作ってください。
どうしても反応を見たい場合はそちらを向かずに横目で 笑

・無駄になることを恐れず毎日繰り返す

いつそれを噛んでも苦いから噛まなくなるのです。
犬がいつ噛んでも苦みを感じるように毎日準備万端でないといけません。
スプレーしておいたのに噛みに来なかった、
という状況の方が多いこともあります。

でもそれでいいんです。
例えばビターアップルを使用してしばらく経ち
最近イタズラ噛みしてないからと油断してスリッパにスプレーしなかったとしましょう。
犬が久しぶりにスリッパを噛んでも苦くないわけです。
“あれ、今日は苦くないや!ラッキー!久しぶりのイタズラ噛みチョー楽しいわー!!”
みたいになって今までした努力が全部無駄になってしまいます!
スプレーしていないタイミングでイタズラ噛みを始めてしまったら
それは全て人間の怠慢だということを しっかり意識しましょう!


スプレーをするのを忘れていた時にイタズラ噛みを始めてしまったら

ビターアップルを吹き付ける前に犬がスリッパを噛み始めてしまったら
騒がずにスリッパを返してもらい 
(言っても返さない場合は食べ物と交換。ただし淡々と)
家族に犬を散歩に連れて行ってもらいます。 
その間にスリッパを含む犬がイタズラ噛みする可能性のあるすべてのものに
ビターアップルを吹き付けます。


人の体には使用しない

これは成分が危険だとか、かぶれるとかそういう理由からではありません。
繰り返しますがビターアップルは安全です。
人に対して使用しないのは、あなたにのイメージを下げないようにするためです。

ですので犬があなたの手に対して甘噛みをしてくるとしてもビターアップルを使用しないでください。
解説してきたようにビターアップルというグッズは
苦いというマイナスイメージを強烈に植え付けて嫌悪感を与えることで効果を得るグッズです。
この嫌悪感をあなたに対して抱いてほしくないのです。
だから苦いというマイナスイメージを与えるこの道具はあなたの体に対して使ってはいけません。
あなたは犬にとっての良きリーダーで、大好きな存在でなければいけないのです。

むしろ、あなたの手に甘噛みをしてくるようなら、ビターアップルを使うまでもなく確実にやめさせなければなりません。
手を払って叱り、いけないことだと教えてあげてください。
その時は遊びになってしまわないように注意が必要です。

身に着けるものに使用するのはOK

あなたが身に着けるものに対して犬がイタズラ噛みをしてきて困る(例えば靴ひもなど)ような場合は、ビターアップルを使用しても問題ありません。

その場合も上でかいた各ポイントを必ず意識してください。

舐めてみたくなった?

ちなみにここまで読んでいただいて
ビターアップルを舐めてみたくなりました??

僕も昔、無性に舐めてみたくなって舐めたことがあるんですが
そんなに騒ぐほど苦くは感じなかったですね。

あとになって知りましたが犬と人間の感覚は相当にズレがあるようで
人間の感覚的にはあまり苦く感じないようです。

嗅覚のことならわかりやすい例があります。
よく犬が人間の靴下の匂いとか嗅いでますよね!?
あとは犬が自分でしたウンチの匂いを嗅ぐこともよくあります。
人間からしたら考えられないですが
彼らにとっては臭く感じないようです。
不思議ですね。

それと同じように
ビターアップルの苦みも
犬にしかわからないのでしょうか。


ビターアップルの残念なところ

ここまでビターアップルのすごいところばっかり書いてきましたが
(そうでもないかな?手順として面倒なこともちゃんと書いてるからね)
ビターアップルの残念なところもあります。
金額がお高いことです。

しかもですよ。
無駄になるのを前提として正しく使うと
犬が口に含む分なんてほんとうにちょっぴりです。

でもまあ、イタズラ咬みをやめてくれれば安いもんでしょ!
って思える方は試してみる価値ありですよ。
その時はこのページに書いてあることを守って正しく使用してくださいね。
そうでないとせっかくお金を払って買ったものが無駄になってしまいますからね。


今すぐビターアップルを試したい人はこちら


Amazonならそこらのホームセンターよりもかなり安いので断然お得です。
ちなみに僕の使い方を実践するなら消費が激しいので
大容量ボトルがオススメです!


いかがですか??
ポイントをちゃんと抑えればそんなにむずかしくないですよね!
イタズラ噛みに悩んでいるそこのあなた、
ぜひやってみてください。
ご友人に困っている人がいればぜひ教えてあげてください!

ビターアップルはホームセンターやペットショップで売っていますので
気になる方は店員さんに聞いてみてください!
ちなみにこの記事を読んでここがよくわからないとか
こんな時はどうするの?など
お気軽に問い合わせフォームからご質問ください。

 

自分には犬を飼う才能がないと自分を責めた

僕も高校生の時初めて飼った犬がいました。

当時の僕は犬の専門家などではもちろんなく、
ただの素人の新米飼い主でした。

落ち着きがない、無駄吠え
抱っこさせない、爪切りをさせない、
散歩で引っ張る、イタズラ咬みで
散々困り果てました。

愛犬が何か失敗をするたびに
自分が否定されたような
惨めな気持ちになりました。
自分には犬を飼う才能がない。
そう思ったこともありました。

しつけで困り果てた僕が、しつけを教えて感謝されるまでの話はこちら

あの頃に戻って
「イタズラ咬みで困ったらこれ使えよ」
って言ってやりたいです。

この記事がためになったと思った方だけで結構ですので、
下のブログランキングのクリックをお願いします。
   ↓ ↓ ↓

(クリック後はすぐ戻って来ていただいて大丈夫です。
クリックが投票になり、更新の励みになります)

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!