趣味:本の紹介 「ゼロの迎撃」

Pocket


こんにちは。
最近忙しくてなかなか記事が書けません。

そんななかで今日ニュースサイトを見ていると
ある文字が目に飛び込んできました。

『未曽有の大型台風が首都圏を直撃する総選挙開票日に小池百合子が云々・・・』

選挙はどうでもいいのです。
この未曽有の大型台風が首都圏を直撃するというフレーズを
どこかで聞いたことがある気がしたんですが
しばらく前に読んだこの本でした。



安生正さんの「ゼロの迎撃」
表紙はラノベっぽいけど普通の小説です。

この本の設定がまさに
「未曽有の大型台風が首都を直撃する中で、それに紛れてある国の特殊部隊が東京に上陸する」
というストーリーなんです。

内容紹介

59万部突破『生存者ゼロ』の著者、『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作家が放つ
最新作! 「いまそこにある危機」を徹底的に活写! 国を守るとはどういうことか――根
源的な命題を日本人に問いかける衝撃の傑作エンターテインメント!
【あらすじ】活発化した梅雨前線の影響で大雨が続く東京を、突如謎のテロ組織が攻撃
する。自衛隊総合情報部所属の情報官・真下は、テロ組織を率いている人物の居場所を
突き止めるべく奔走するが……。核が持ち込まれたという情報にかき回される自衛隊総
合情報部。朝鮮人民軍、中国人民解放軍に翻弄される日本政府。東京を舞台に、死闘が
始まった――。
内容(「BOOK」データベースより)

活発化した梅雨前線の影響で大雨が続く東京を、突如謎のテロ組織が攻撃する。明確な
他国からの侵略と断定できないなか、政府は警察権で制圧を図るが、多数の死傷者を出
す。首相はついに、自衛隊の出動を決断。しかし、精鋭部隊の第1空挺団が敵の策謀には
まり、壊滅状態に―。緊急事態に、敵の正体を追う自衛隊総合情報部所属の情報官・真
下は、敵が核を持ち込んでいる情報もつかみ、奔走するが…。

嵐の東京で、自衛隊が戦闘を繰り広げるという、絶対に起きて欲しくないけどなんかアツい
そんな設定。
市街地で戦闘する際の法律的な問題とか、実戦経験のない自衛隊が実際どれほどのパフォーマンスを出せるのかとか
防衛出動を命じる総理大臣の心境、家族がいる人間としての自衛隊員の心境など
なかなか楽しく読めたのを覚えています。

こういう作品でよくある政治家が無能、みたいな描写がなく
防衛出動を命じる総理大臣は、むしろとても頼りになる決断力のある人物として描かれているのが印象的。
映画「インデペンデンス・デイ」の大統領みたいな演説シーンも記憶に焼き付いています。
著者の前作では政治家が無能だったからテイストを変えてみたんですね。

興味があれば是非お勧めします。

今まさに未曽有の大型台風が東京を直撃しようとしていますが
大丈夫でしょうか(笑)

Pocket

The following two tabs change content below.
ryo
こんにちは。リョウです。 犬のしつけインストラクターです。 ペットショップ店長の経験もあり、ペット業界でたくさんのワンちゃんやその家族とお話してきました。 その知識や経験をもとに、犬の飼い方やより良い関係づくりに 関わる情報を発信していきたいと思います。 愛犬との絆をより強くするために正しい知識を身につけることが大切だと思っています。動物好きなかたはよろしくお願いしますね!

Leave a Reply